霊能力・超能力による電話占い 当たる占い師の超霊能力鑑定!電話占いポポラーレ
携帯電話からでも鑑定中の通話料が全額無料!電話0120-97-1331 国際電話 049-268-6300 営業時間 朝9:00~翌5時まで



運命の糸 運命の糸の掴み方~幸せにつながる方法を特別に公開~

特別企画 略奪愛、男の気持ちが動くとき

連日お受けする『略奪愛』のご相談。全国に苦しんでいる女性がこんなにもたくさんいらっしゃるのかと驚かされます。そこで、略奪愛に悩み苦しむ女性のために、今回は、特別企画として男性の意見を盛り込んだコラムをお届けいたします。

実際に不倫を経験した男性、相手を乗り換えた男性、遊びで終わった男性。それぞれの意見を聞くことで、愛する人の本心が見えてくるかもしれません。貴女の恋が、幸せにつながりますように。

事例その1 『厳しく決断を迫られて決意』

当時の恋人と付き合って3年が経つ頃、S美に出会いました。すでに恋人がいることは伝えていたのですが、S美はそれに触れることもなく、たまに会ってSEXするだけの関係が続いていました。S美はずいぶん物分かりが良く、あまり携帯に連絡をよこすこともありませんでした。しかも、クリスマスや自分の誕生日、S美のために時間が取れないことを言うと「そっか、全然だいじょうぶだよ」と笑顔で言うので、本当に全然だいじょうぶなのかと思っていたのです。今思えばS美は相当我慢していたんだと思い、胸が痛くなります。その後、S美が「この関係はつらいから、恋人と別れるか、私と別れるか決めてほしい」と言われ、そこで初めてS美の気持ちに気付きました。男はできればごまかしながら生きたいと思っているので、そこを厳しく突かれたことが今回決断するきっかけとなりました。

(31歳 会社員 東京都)
その他の事例

何度も結婚を迫られ、そのたびにごまかしていたが、愛人に3か月間連絡を絶たれ、自分がどれだけ彼女を必要としていたかに気づいた。時間はかかったが離婚し、今は彼女と結婚。(43歳 会社役員 埼玉県)

二股が両方の彼女にばれてしまい、女同士のバトルに。ひとりは去って行き、残ってくれた彼女と今も付き合っている。男は大事な時に受身になりやすいと思う。(26歳 音楽関係 東京都)

決断を迫られたが、恋人・奥さんと別れなかった。なぜ?

これが、両方とも恋人だったら自分もはっきり決断できたと思う。でも、結婚となると子供や両親、向こうの両親のこともあって、『好きな人ができたから別れます』とはいかない。(45歳 会社員 愛知県)

愛人と会っている時間は、疲れた毎日のオアシスみたいなもの。今の関係が理想だった。(38歳 サービス業 福島県)

事例その2『恋人・奥さんとの大きなケンカがきっかけに』

恋人がいることを隠してC子と付き合い始めました。5か月がたった頃、恋人と一緒に居るところをC子に見られて二股が発覚。自分の気持ちとしては、どちらが本命ということではなく、ふたりとも好きで、一緒に居たいと思っていました。しばらくは「恋人と別れる」と言ったままC子と付き合い続けていたのですが、その頃、恋人の態度がだんだんワガママになってきてしまい、C子に相談することがありました。C子はイヤな顔ひとつせず、心身になって聞いてくれ、段々と「C子と居るほうが楽しい」と思うようになっていました。今になって聞いてみると、「あの時は無神経にもほどがある」と内心怒り狂っていたらしいのですが、「好きになってもらいたかったから我慢した」と言われました。その後、恋人と大きなケンカをしたことをきっかけに別れることに。やっぱり、恋人とうまくいっていないときに癒してくれる存在は、大きいと思います。

(35歳 会社員 福岡県)
その他の事例

結婚するつもりで付き合っていた恋人が、キレたときの迫力にビビって別れた。結婚してからもあんなふうにキレられたらやっていけない。(30歳 会社員 富山県)

自分の不倫がばれ、妻に一年間口を聞いてもらえなかった。さすがにその関係が辛くなり、離婚を決意。自分が悪いのはわかるが、話を聞いてもらいたかった。(41歳 医師 福岡県)

本命と大きなケンカをしたが、離婚に至らなかった。なぜ?

妻もヒステリーだったが、愛人も同じだった。二人に挟まれて毎日大変だった。 (49歳 会社役員 東京都)

結婚も恋愛も波があって、妻のほうに傾いたり、愛人のほうに傾いたりしていた。その中で、どちらが良いとは決められなかった。 (41歳 会社経営 岡山県)

事例その3 『恋人・奥さんの悪事が離婚の決め手に』

ネット上で知り合った女性、Nと体の関係を持つようになって半年。性の対象として見られなくなった妻に比べ、Nには色気があり、とても魅力的でした。しかし、あくまでもSEXの相手。いくら「好き」と言われても、離婚というところまではとても考えられません。しかし、状況が変わったのはそれから半年後。妻の行動に疑いを持つようになったのです。探偵を雇って調べたところ、妻は平日の昼間、若い男と隣町のホテルに出入りしていました。それを知って、妻への怒りがふつふつとわいてきました。日頃のささいなことも憎らしく思え、もう元の夫婦関係には戻れないと確信したのです。Nは見た目の割にはとても純粋な子で、その間ずっと、私を支えてくれました。そんな姿を見て、自分を心から愛してくれるNとの結婚を考えるようになりました。

(41歳 会社員 三重県)
その他の事例

最初は愛人と結婚するつもりはなかったが、6年不倫を続け、妻との関係が悪化したため離婚。その後彼女に子供ができたため結婚した。 (46歳 会社員 熊本県)

元から妻との関係が悪く、癒しを求めて浮気したことが発端で不倫開始。愛人との交際は楽しく、徐々に幸せにしてあげたいと思うようになった。 (36歳 運転手 長野県)

奥さんに裏切られても離婚しなかった事例。なぜ?

不倫相手としては好きだし大切だが、妻と離婚してまで手に入れたいとは思わなかった。 (43歳 会社員 宮崎県)

妻がギャンブルにはまり、借金をしてしまった。かなり不信感を抱いたが、離婚の決断はそう簡単なものではないと思う。 (37歳 獣医師 茨城県)

事例その4 『不倫相手を好きになってしまった』

彼女と出会ったときは、私が48歳、彼女が28歳でした。仕事の絡みで出会ったのですが、何度か話して恋に落ちてしまい、妻と居るときも彼女のことばかり考えていました。気持ちとしては、妻よりも彼女のほうが大切で、愛してもいました。しかし、妻と離婚するきっかけもなく、ずるずると関係を続けていました。そんな中、彼女の妊娠が発覚し、決断せずにはいられなくなったのです。妻との間にできた子供は高校を卒業しており、離婚すると言って騒ぐような年ではありませんでしたが、突然ひとりになる妻に対してはかなり不安がありました。彼女に本心を言うと、「自分と結婚してほしいけれど、奥さんに会うなとは言わない。一生二人を支えるべき」と言ってくれました。少し変な形体ですが、今は二人の女性を支えています。

(50歳 会社員 神奈川県)
その他の事例

不倫相手に恋をして妻とは離婚。再婚後、また新たな不倫相手に恋をしてしまった。もう自分は終わりだと思う。 (34歳 飲食業 東京都)

体目当てで不倫を始めたが、付き合っていくうちにとてもいい子だということに気づいた。好きになってしまったので、妻と離婚を決意。 (33歳 会社員 群馬県)

不倫相手は好きだけど、奥さんとは離婚しなかった。なぜ?

家に居るときは妻や子供が大事だと思うし、愛人と会っているときは愛人が大事だと思ってしまう。割り切れるタイプなので、片方に夢中になり過ぎることはなかった。 (32歳 自営業 奈良県)

チャットで出逢って不倫開始。いい女ではあったが、SEXの相手という見方が強かった。相手もそれを望んでいたと思う。 (48歳 会社役員 石川県)

男性の意見を聞いてみると『恋人や奥さんのいる男性の心を自分に傾ける』という所までは多くの事例があるようでした。愛人に恋している人もたくさん。しかし、そこから先の『別れてもらう』『結婚する』というのが大きな壁になっているようです。大人の男たるもの、一度結んだ契約を簡単に放棄できないというところなのでしょうか。また、意外に臆病な意見もあり、全体的に受け身。恋人や奥さんに愛想つかされて第二の家に帰る、ということも多いようです。この恋を辛い恋にするか幸せな恋にするかは、彼の受身な心を揺るがすあなたにかかっているのかもしれません。